村上豊彦が行ったことのある猫カフェや猫に関することなどを色々と情報発信していくサイトです。
Show MenuHide Menu

チームスポーツに醍醐味を感じる

サッカーが大好きな村上豊彦は、チームスポーツの醍醐味を知っています。まず、仲間が多く出来ます。そして何より自分以外の他人の気持ちをわかろうと努力します。協調性は確かに学校などでも養えるものですが、スポーツを通して学ぶ事が出来るのは運動能力アップにプラスして一石二鳥かもしれませんね。まだチームスポーツをやっていない人も大人になってからでも楽しむことが出来ます。大人になると大勢でスポーツをする機会が減ってしまうので始めてみてはいかがでしょうか。

チームスポーツが好きな理由

私が子どもの頃から続けているサッカーは、大人になった今でも続けています。サッカーも集団行動です、自分だけが自分勝手にサッカーをしても楽しくありません。大勢で協力してやるから楽しいのです。村上豊彦はサッカーを習っていなかったら、人とコミュニケーションをどうやってとればいいのかわからなかったと思います。チームでやるスポーツをしている人は他人との距離感もよくわかっているとは思いますが性格もあります。性格は個性でもありますから、チームスポーツをしているからと言ってそれが直る訳ではありませんね。でも、集団で同じ事をする経験は子どもの頃からしていた方が良いと私は感じます。相手の事を考えて話をする、大勢の中で自分の意見を言うなどの環境は人を成長させます。私もサッカーを通して色々な事を学んだと感じています。

チームスポーツは意外と難しい

学校でもサッカーや野球などチームスポーツを多く経験をしますよね。ずっと続けていると仲間意識が高まります。仲間と同じ事を一緒にしていると、相手の気持ちや、仲間との協調性を自然と学ぶ事が出来ます。私は運良く子どもの頃にサッカーと出会い、小中高そして大学と社会人になった今も、サッカーを武器に人と距離を縮めてきました。本当にサッカーには助けられていますね。大人になってからでも、チームスポーツは楽しめます。学生の頃は、学校という中で仲間を作らなくてはいけませんが、社会人になると色々な場所から来るので話をしても新鮮な気持ちになります。毎回新しい仲間に刺激をもらいながら、チームスポーツが出来るのは最高ですね。気を遣うのが苦手と感じる人もいますが、自分だけが気を遣っている訳ではないのでお互い様と思い一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。

チームスポーツを知るとこは人生を知ることと同じ

大袈裟な事は言えませんが、チームスポーツを知ることは人生を知ることだと私は感じます。社会も学校も、他人の集まりです。その中でどうしても色々な事を学ばなくてはいけないのであれば、自分も少し変わって合わせなくてはいけません。チームスポーツも若干そういう所があります。選手一人は、勿論個人で体調などの調整はありますが、試合になると一人の責任ではなくチームの為に働かなくてはいけません。良いときもあれば、全く駄目なときなど様々だとは思いますが、チームのメンバーとして試合に出る責任感は大切です。社会に出れば会社の為に働かなくてはいけません。仲間とのコミュニケーションを取り、良い仕事をすることはチームスポーツそのものです。一人でも足を引っ張る人間がいればバラバラになってしまいます。会社だけではありません、生きていればそういう場面はいくつも出てきます、私は人生そのものだと感じますね。

まとめ

チームスポーツの良さを考えると大人になった今でも私には必要な事だったと感じます。サッカーを習っていなかったらと思うとゾッとします。コミュニケーションは環境の中で育ちます。チームスポーツはそれを経験するには良い環境だと感じます。協調性を学ぶ事で、どうやって人と話せばいいのかなども自然と出来る様になりました。完全にサッカーのおかげだと今でも感じています。社会人になると特にそう思いますが、チームスポーツは人生そのものだと改めて思います。