村上豊彦が行ったことのある猫カフェや猫に関することなどを色々と情報発信していくサイトです。
Show MenuHide Menu

猫の躾、ちゃんとやってますか?

子どもの頃に猫をもらってきた村上豊彦は、躾は全部、母任せでした。猫を飼うのは初めてだったので躾が必要なのかも知らなかった私、母はきちんと猫の飼い方を知っていたのでトイレや食事などを教えてあげていました。躾は必要ですかと聞かれれば、私は必要と答えると思います。皆さんはどうですか。是非一度、猫の躾について考えてみましょう。また、自分の家で飼っている猫がどれだけルールを守っているかも知るチャンスかもしれませんよ。

トイレの問題

私が初めて猫を飼い始めたのは子どもの頃です。実家の近くに住んでいる友人から2匹の兄弟猫をもらいました。すごく可愛くて、とにかく構いたくて沢山遊んであげたり抱っこしたり、躾の事なんて一切考えていなかった様に感じます。私も子どもだったので何も考えずにもらってきただけで、トイレをするのに躾が必要と言うことを知らないでいました。母が、何度もトイレに連れて行き、ここだよと教えていました。しばらくは変な所でしてしまっていたのですが、諦めずに何度もトイレの場所を教えてあげていました。しばらくすると教えられたトイレできちんとするようになり、その時は大袈裟に褒めてあげていました。私と違って、母はきちんと猫の躾の事を考えていましたね。

ご飯の問題

最近の猫のご飯を見たことがありますか。年齢に合わせて体に負担をかけない様に計算されたご飯が多く用意されています。おまけに美味しそうなものばかりです。何より匂いが良くて猫がグルメになりそうです。ちなみに、皆さんは猫ちゃんにご飯をあげる時どのようにしていますか。ご飯をあげる時間を決めている、ご飯の量が決まっているなど、躾のようなものはしていますか。猫の体の事を考えるのであれば、ご飯の躾は大事なのかもしれませんね。そうは言っている村上豊彦の実家では、ご飯は出しっぱなしで食べたい時に食べると言うスタイルでした。勿論、古くなっているものを出さないようには気をつけていましたが、時間を決めてと言う事はしていませんでした。改めて考えると、しておけば良かったと感じますね。

爪の問題

飼われている猫は、殆どが飼い主に爪を切ってもらっていると思います。でも、切る際に嫌がって暴れるのでいつも大変と言っている人を聞いたことがあります。確かに、猫にとっては恐怖ですよね。爪を切る際は体を動かさないようにしなくてはいけないので飼い主さんは体を抑えながら切らなくてはいけません。猫にとっては、体の自由が利かなくなるのはストレスですし、大事な爪を切られるなんて怖くて逃げ出したいはずですよね。爪を切る、切らないには賛否両論があると思いますが、村上豊彦は無理して切る必要はないのかなと感じています。ですが、家で飼っている場合ですと爪が引っかかって大怪我をする場合があるので切っといた方が安全とも言われています。確かに猫は爪が引っかかった時の対処法を知らないので、力尽くで引っ張ろうとしてしまいます。大怪我になる前に切れるなら切っておいた方がいいですね。

まとめ

猫の躾の為に皆さんは何をしていますか。村上豊彦の実家の猫は、私の母が一生懸命、躾をしていましたね。躾はどこまでやればいいのでしょうか。トイレの躾に関しては、家に来てから始めました。最初は失敗もありましたが、根気よく教えてあげると直ぐに出来る様になりました。そのあとは沢山褒めてあげて猫に自信を持たせてあげるのが一番良い方法みたいですね。ちゃんと飼う前に考えてあげなくてはいけませんね。私は子どもの頃は出来なかったので次に飼う時は上手に躾をしたいですね。